2005年01月06日

創業塾6

第4講は創業資金と金融機関について
教えていただきました。

熱い情熱は創業者ならではのもの
その想いと数字を読む、データーを
読む冷静な頭脳が大切であることを
感じました。

金融機関は決して怖くはない
きちんとした事業計画と熱い想いで
アタックしてみることだと感じました。

経済新聞を読むことを勧められ、図書館
など利用ししばらく読んでみると
なんとなく経済の流れが少しずつわかった
ような気がしました。

経済学専攻とはいえ、昔の話で
見栄をはってもメッキは、はがれるだけ
地道な努力が必要です。

経済新聞を定期購読すればよいので
しょうが、所得のない身分としては
出費は控えたかったです。

困っているとネットの番組に気づき
今はそれを利用しています。
継続は力なり、私にとっては
この方法が無理なく続けられそうです。




posted by 経営者一年生 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創業塾5

第3講は新規開業時の諸手続きと事務に
ついてでした。

設立の手続きや会社にかかる税金を
教えていただきました。

この時はすでに会社を設立していたので
手続きについてはわかりましたが、
会社にかかる税金など、もともと苦手な分野
なので、なんとなく概念みたいなもの程度の
理解度でした。

初めて起業する人の多くがこの分野が苦手
ですと説明がありましたが、納税の義務を
果たすため勉強しなければなりません。

経営者たるもの事務員に任せきりでは
いけません。という感じです。

ちなみに、株式と有限の説明はありましたが
合資についてはそういう形態があるという
説明のみでした。
(ちょっと寂しかったです)

posted by 経営者一年生 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。