2005年01月11日

いざという時の備え

巷では感染症に関するニュースが流れています。

デイサービス事業を準備している私にとって
人事ではありません。

『いざという時の備え』

とても大切だと思います。

何かあったら関係部署への迅速な連絡は
もちろんですが、あわてない仕組みが
大事です。

私の経験では、施設の防災担当だったこと
もあり、避難訓練を例にすれば

訓練を繰り返すことにより、安心感が生まれ、
気持ちにも余裕が出来ました。

消火器の取り扱いも機会があるごとに
実際に行いました。

人形を使った蘇生術も何度か行いましたが
時間が経つと忘れがちです。

何か起こるかもしれない不安感を持って
仕事をすれば、ミスも増えるように思えます。

何かあっても、手順と対処方法を理解している
安心感のもとで仕事に励みたいと思います。


感染症の情報が一人歩きして、あらぬ誤解を
うける人・物が現れないか心配です。








posted by 経営者一年生 at 07:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。