2005年01月15日

福祉は金か?について

私は以前、ある方から、

「福祉は金か?と訊かれたら、多くの人は
 違うと答えるだろう。
 
 しかし、福祉は金だという側面を忘れては
 ならない。」

というようなことを言われたことがあります。

経営者になり、その言葉を思い出しました。

協力業者さんは、スペシャリストとして
私が思いつかない、すばらしい提案をされ
価格を含めて、これ以上ないくらいに、
よくしていただいています。

計画に賛同していただいた資金面・精神面など
での支援者の方々にも、たいへんお世話に
なっています。

このように、初めて起業する私にとって
大変恵まれた環境にあっても

利用者・職員が満足するハードやソフト面を
整備すればするほど、コストは当然かさみます。

私は平成9年に家を建て替えました。
下水道がきたり、親の高齢化(自分も)や
家の老朽化など考えてのことでした。

その時

「家庭生活の充実が活力となり元気に働ける
 だから、コストにとらわれない暮らしやすい
 家を建てよう。」

と思いました。

そして月日が経ち、ローンの返済は大変ですが
気持ちは晴れ晴れしているので元気です。
子供が生まれて三世代同居になりましたが
楽しく暮らしています。
友人知人も気軽に遊びに来てくれます。

家を建てた時、どこかで変に妥協していたら
今ごろ、文句ばかりで嫌な人間になっていたかも
しれません。

また、協力業者の方々からも快く

「今回も楽しくやりましょう。」

とは言っていただけなかったことでしょう。

よいサービスや設備には当然適正なコストが
生じます。価格競争にもしたくありません。

目先のことにとらわれない、地域貢献型事業を
末永く継続していくための最大限の努力を
していこう。

と改めて思う私なのでした。            


posted by 経営者一年生 at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。