2005年03月15日

FAXの自動切換えに不具合発生

関係者の皆さまへお詫びです。

昨日、帰宅しますと、留守電にFAXの発信音がありました。

うまく自動切換えが出来ていないようです。

申し訳ありませんが、今週は外出が多いので、

FAXを送信される方は
留守電にメッセージを吹き込んでいただくか
メールにてお知らせください。

なお講習会では携帯電源OFFですので
この点も御理解ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


posted by 経営者一年生 at 07:01| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月15日(火)の予定

午前 9:00〜17:00

   『福祉用具専門相談員指定講習』

   会場 (財)介護労働安定センター富山支部 講習会場

後半2日目です。

昨日、得たことは

『正しい商品知識・使用法を知り、実際の経験を積む大切さ』

を強く感じました。

私は、介護技術を体系的にきちんと学んではいません。
現場で教えてもらったことがベースとなっています。

現行法において介護職については、望ましいとされる基準は
ありますが、資格については基本的にはありません。
(ちなみに、就職できるかどうかは資格の有無を含めて求人側とその求職者の問題だと思います。)

介護福祉士の受験資格の一つに実務3年以上というものがあります。
その点ではおそらく私には受験資格はあると思います。
(正式には確認をしていませんし、経営者・準備室の仕事が
 優先ですので、将来の職員の方で、資格をお持ちではない方々が
 いらっしゃれば、一緒に勉強するということも楽しいかなとも思っています。)

つまり、他者から

「どうして、そうなっているのですか?」

「どうして、そうするのですか?」

などと訊かれて

「経験上です。」と答えることはできます。

ですが一見、納得できそうな回答でも、冷静に考えると

「その裏づけ・根拠は?」

「何かデーターはありますか?」

と突っ込まれるとどうなるでしょうか?

私の弱点はそこにあります。
でも弱点を自覚しています。
だから、この講習会に参加しています。
おかげさまで、改善できています。

いわゆる

「カン・経験・度胸」略して KKD

というものに頼りすぎていた時代はもう終わっていると

創業塾の講師の方をはじめ多くの方々から教えていただけました。

専門相談員として相談相手に納得していただけるよう精進です。

ところで

昨日は、いつもより、早く出発しましたが、やはり渋滞でした。

道路の区画線や標識設置工事の仕事の経験から、ポイントごとの
抜け道を知っていたので、その知識をフル活用しましたが、
その知識がなかったら、遅刻していたかも知れません。
(ここでは経験が生きました…。)

ただし、帰る頃には、朝の積雪がうそのように消えていました。
やはり、春がもうそこまできていると実感しました。

今日もいい勉強ができそうです。
posted by 経営者一年生 at 05:40| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。