2005年04月28日

問題発生時の問題ってそもそも何?

よく問題が発生したという表現がされますが、
そもそも問題の正体は何なのでしょう?

いろいろな解釈があると思いますが、

求められている状態と現実の状態の差

この差が『問題』だと考えています。

そして、この差を認識、気づくかどうかで
問題視されるかどうかが決まるような気がします。

よく理想と現実のギャップに悩むという表現がありますが、

そもそも理想とは

「こうありたい」という純粋な思いだと考えています。

それが、時として

「こうあってほしい」「こうあるべきだ」

「こうでなくてはならない」とエスカレートして

『本来ある求められている状態』が

『自分勝手な思い込み』『自分に都合がいい解釈』

みたいになって、自分でも止められない暴走となり

挙句の果てに

「私が悪いのではない、社会全体が悪い。」

と責任転嫁になりかねません。

バブル崩壊後、失われた十年ともいわれていますが、
始まりと終わりを経験できたことは、今となっては
かけがえのない財産のようなものです。

毎日、いろいろなニュースが飛び交っています。

予期せぬ出来事も近頃増えてきています。

気を引き締めていきたいと思う今日この頃です。


posted by 経営者一年生 at 05:34| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月28日(木)の予定

午前 外出

午後 14:00 打ち合わせ

外部研修等参加予定なし
posted by 経営者一年生 at 03:55| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。