2009年08月25日

はっぴーママ富山版2009年秋号 本日発売!

はっぴーママ富山版2009年秋号

本日(平成21年8月25日)発売です。


はっぴーママ富山版HP
http://www.happy-mama.com/magtm/magtm_saishin.html

はっぴーママ富山版編集部ブログ
http://blog.happy-mama.com/toyama/

           


posted by 経営者一年生 at 20:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物の広報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TUT『とやまメモらナイト』8月25日放送内容は

チューリップテレビ 毎週火曜日 21:54〜22:00に放送されている

『とやまメモらナイト』

本日(平成21年8月25日)放送予定内容は

「立山カルデラ」

についてだそうです。

          
posted by 経営者一年生 at 12:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県広報テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回『学び合い』を学ぶ会in東京 『学び合い』活用セミナー

コピペして案内していいそうなので、以下にお知らせいたします。

---------------------------------▼-----------------------------------
第2回『学び合い』を学ぶ会in東京 『学び合い』活用セミナー
〜特別支援教育にも『学び合い』で、子どもも保護者も教師もハッピーに!〜

 2007年度は「特別支援教育元年」と呼ばれ、 学校教育法等の一部が改正さ
れました。2008年度以降も様々な取り組みが、学校現場にて実施されています。

 その取り組みの中で、『学び合い』を特別支援教育に取り入れる取り組みが
あります。『学び合い』と特別支援教育については、相性がよいのにもかかわ
らず、情報がなかなか入手しづらいのが現状です。そこで「特別支援教育と
『学び合い』」の理論・実践を一緒に勉強してしまおうという、とても魅力的
な大企画をいたしました。

 『学び合い』には、子どもたちの事実に基づいた裏付けがあります。子ども
たちが毎日楽しく学校に来るのって、うれしいですね。そして教師も、いつで
も笑顔で子どもたちに接することができたら、幸せですよね。それを特別支援
教育で活用できたら……。

 今回はそんな『学び合い』を特別支援教育に活用するためのセミナーです。
また、東京を会場とした2回目のセミナーでもあります。教師だけでなく、保
護者や支援者、そして当事者の方も参加も大歓迎です。ぜひご参加ください。


主 催:子どもに学ぶ教師の会(東京) 就労支援推進ネットワーク

後 援:江東区教育委員会、臨床教科教育学会

日 時:2009年9月5日(土)13:00〜17:30(12:30受付開始)

会 場:江東区教育センター(東京メトロ東西線 東陽町駅下車徒歩5分)

参加費:一般 2,500円、保護者・後援団体 1,500円、大学生以下無料
懇親会:4,000円(事前にお申込ください)
    ※参加費・懇親会費は、当日受付にてお支払いください。

スケジュール:
   12:30 受付
   13:00 開会挨拶
   13:10〜14:10 講演   上越教育大学    西川 純先生
   14:10〜14:30 休憩
   14:30〜15:30 実践報告 本庄市立仁手小学校 佐藤準一先生
   15:30〜15:50 休憩
15:50〜16:20 梅原歌織さん(発達障害当事者)のコメント
   16:20〜16:50 質疑応答
16:50〜17:20 フリートーク
   17:20〜17:30 閉会挨拶

   18:00〜20:00 懇親会(セミナー会場隣りです)

 『学び合い』を提唱されている上越教育大学の西川純先生に、発達障害児支
援に、活用する目的は何か、どのように『学び合い』を活用していくか、語っ
ていただきます。

 理論的な話に続き、本庄市立仁手小学校の佐藤準一先生には、障害児と接し、
『学び合い』を活用してきた実践を報告していただきます。明日からでも実践
できるよう、「特別支援教育と『学び合い』」をピックアップして語っていた
だく予定です。
 発達障害の当事者である梅原歌織さんには、実践報告を含めた『学び合い』
の取り組みを、当事者の立場からコメントいただきます。

 そして、お二人の先生方とのQAコーナー、フリートークの時間で、『学び合
い』について、「よし、やってみよう!」という勇気と、継続していくための
ネットワークづくりを提供します。

 さらに18:00より懇親会も予定しております。第1回に引き続き、『学び合い』
について、子どもについて、熱く語り合いましょう。


●申し込み方法
 いずれかの方法でお申し込みください。

  1.申し込みフォームより申し込む
   以下のURLよりお申し込みください。
   http://ikutosu.sakura.ne.jp/mailpro/index.cgi

  2.メールで申し込む。
   件名に「『学び合い』活用セミナー」を記載し、
   下記についてEメールでご連絡ください。
       (1)氏名
       (2)一般・後援団体・保護者・学生の別
       (3)〒・住所
       (4)電話・FAX番号
       (5)Eメールアドレス
       (6)勤務先名
       (7)懇親会参加の有無
     
   送付先 manabiai_tokyo@yahoo.co.jp
      (@は半角に修正の上、ご送付ください)

  3.FAXで申し込む。
   下記についてご連絡ください。
      (1)氏名
      (2)一般・後援団体・保護者・学生の別
      (3)〒・住所
      (4)電話・FAX番号
      (5)Eメールアドレス
      (6)勤務先名
      (7)懇親会参加の有無

   送付先 020-4623-7706

●申し込み・問い合わせ先
 manabiai_tokyo@yahoo.co.jp(実行委員会事務局宛)
    (@は半角に修正の上、ご送付ください)
---------------------------------▲-----------------------------------

以上です。

                 
posted by 経営者一年生 at 08:38| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント等情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回ライフサポート研究会 親の理解があれば支援も変わる

コピペして案内していいそうなので、以下にお知らせいたします。

---------------------------------▼-----------------------------------
第1回ライフサポート研究会
 「親の理解があれば支援も変わる
    〜当事者の経験をもとに、親の理解について考え直す〜」

 2007年度は「特別支援教育元年」と呼ばれ、 学校教育法等の一部が改正さ
れました。2008年度以降も様々な取り組みが、学校現場にて実施されています。
その取り組みは当事者である子どもへだけでなく、一番苦労の多い「保護者」
の支援をする「家庭支援」に至ろうとしてきています。

 そこで、今回は発達障害の当事者である高橋今日子さんにお越しいただき、
ご自身の親子関係について伺いたいと思います。今回の講演は「発達障害を
持った保護者に来ていただき、体験に基づいた親子関係(子育て体験など)を
話していただく」のとは全く逆の発想で、「発達障害をもった当事者に来てい
ただき、理想の親子関係を話していただく」という挑戦的な試みです。
 そのため、今回の講演では、高橋さんご自身の親子関係をただお話していた
だくだけでなく、「こういった理解を親にしてほしかった」「この出来事が親
子の関係を変えていった」など、高橋さんの人生そのもの(ライフヒストリー)
を参加者全員で伺います。このように高橋さんのライフヒストリーを丁寧に伺
うことで、発達障害の当事者支援、保護者支援には何が必要で、何を早急に取
り組む必要があるかなど、改めて家庭支援を参加者全員で考え直していきたい
と思います。

 ぜひ、これから家庭支援のために、学校関係者の方、福祉施設の方など、あ
らゆる分野の方のご参加をお待ちしております。
 また、発達障害を持った子供との接し方に悩んでいる保護者の方の参加も大
歓迎です。ぜひお越しいただき、一緒によい親子の関係づくりについて考えて
いきませんか。

 皆様のご来場、お待ちいたしております。

■主催:就労支援推進ネットワーク
    発達障害児支援アカンパニスト

■日時:2009年8月30日(日)14:00〜16:50(受付13:45〜)

 13:45    受付開始
 14:00-14:05 主催者挨拶
 14:05-14:20 参加者自己紹介
        (参加者は多い場合には、省略させていただきます)
 14:20-15:20 講演
 15:20-15:40 休憩(名刺交換など、参加者間で交流をします)
 15:40-16:10 質疑応答
 16:10-16:40 参加者全員でのフリートーク
 16:40-16:50 まとめ

■場所:大田区産業プラザ PiO C会議室
     京急蒲田駅東口より徒歩3分
     JR蒲田駅東口より徒歩13分
     http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

■テーマ
 「親の理解があれば支援も変わる
    〜当事者の経験をもとに、親の理解について考え直す〜」

   ・高橋さんのご自身の親子関係
   ・高橋さんの経験から考えるよい親子関係
   ・障害者を持つ保護者の方へのアドバイス など

 ●講師:高橋今日子さん
   専門学校卒業後、日本食レストラン2年3ヶ月勤務。
     その後、パソコン関係の職場で事務職を2年。

     2001年、歯科技工専門学校に入学。卒業後、歯科技工士の免許を
     取得。現在、歯科技工士歴5年目となる。

  共著
   LD、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症の当事者達が書いた本
   『こんなサポートがあれば!』
   『こんなサポートがあれば!2』
    (共に梅永雄二編著 エンパワメント研究所)

   『私たち、発達障害と生きています −出会い、そして再生へ−』
    (ぶどう社出版)

 ●進行:小林浩一(就労支援推進ネットワーク 理事長)

■定員:40名(定員になり次第締め切ります)

■参加費:1,500円(主催・後援団体会員、学生1,000円)
  *当日お支払いください。

【就労支援推進ネットワークとは】
 働きたい人がその個性にあった最善の就労サポートとキャリア教育を受け、
 安心して就労できることを支援します。また、障がいを持った当事者、保
 護者、学校、受入れ企業などの関係する人々が交流できる機会を設け、関
 係するすべての人たちの悩みを解決することをめざします。

【発達障害児支援アカンパニストとは】
  accompanist:伴奏者という意味のごとく、個々の未来を共に奏でる伴奏をし
 たい、という思いから作られ、発達障害(ADHD,LD,高機能自閉症など)を持
 つお子さんと家族の気持ちに寄り添い共に歩んでいく会です。
 常に個々のお子さんの成長に合わせた学習支援やご家族のための情報交換会
 や勉強会、講演会などを開催しています。

★お申込み方法
 いずれかの方法でお申し込みください。
  1.申し込みフォームより申し込む
   以下のURLよりお申し込みください。
http://shuro-shien.net/?page_id=94

  2.FAXで申し込む。
   1)氏名、2)会員・一般の別、3)〒・住所、4)電話・FAX番号、
   5)勤務先、6)メールアドレスを明記の上、お申し込みください。

   送付先 020-4669-6822

★問い合せ先
 就労支援推進ネットワーク 事務局 小林浩一
 Tel 042-578-4907 / FAX 020-4669-6822
 e-mail seminar0830@shuro-shien.net URL:http://shuro-shien.net/
---------------------------------▲-----------------------------------

以上です。


就労支援推進ネットワーク HP
http://shuro-shien.net/

          
posted by 経営者一年生 at 03:08| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント等情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成21年8月25日(火)のランチ会

本日のランチ会はありません。

         
posted by 経営者一年生 at 03:04| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手きままランチ会(H22.3.31まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。