2006年05月01日

38歳までノーマークだった人!?

!?がついているのは他の人に言われたことだったりしますが

いろいろな方々との交流が増えるにつれ、自己紹介する際、
時々使わせてもらっているフレーズでもあります。

いわゆる青年会議所さんや商工会議所青年部さんの方々とお話しする際
かなりウケるようです。

(ちなみに、よく間違われますが、
 私は青年会議所さんや商工会議所青年部さんには所属したこともなく
 この先所属することもないです。大原則として年齢制限もありますし…)

昭和の終わりから平成のバブル期の始まりと終わりを
リアルに体験した世代ですので、自分自身、

「経営者だけにはならない人生」

と思っていましたが

過去ログにあるように、
38歳の時にタウンミーティングやまちづくりフォーラムをきっかけとし
主体性を持って生きていくこととはどういうことなのか?と
自問自答した際、選択肢の一つとして選んだことは、
それまでの経験を活かしての起業してみることでした。

起業家の10人に9人 あるいは 1000人に990人は
トホホな結果になると言われていますが
ブームに踊らされないよう一歩一歩納得できる毎日でありたいと思っています。

歩みだすこと 歩み続けること は

やってみないことには、わからない世界だと思っています。

多くの方々に支えられている幸せを実感しています。

ありがたいことです。


posted by 経営者一年生 at 05:19| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者一年生とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。