2005年01月29日

昨日の外部研修その2

これまた個人的感想なので、あしからず

 市民企画講座W「心理学から考える男女の問題」

     (主催 高岡市男女平等推進センター)

テーマは

『ジェンダーの心理学 女性・男性のアイデンティティ』

でした。

最近よく耳にするジェンダーについて勉強しようと
思いまして参加しました。

慣れないテーマであり、ジェンダーの言葉の意味も
私自身きちんとまだ消化していませんし、
いろいろな解釈もあるようなので、

私の感想として一言

「単純な言葉の一人歩きは怖い」

と思いました。

ノロウィルスが流行った時もそうですが、
あらゆる情報に騒ぎすぎていた感じがしました。

(危機管理は当然必要です。誤解ないように)

「本当はどうなの」

ということで、自分で主体的に調べてみると
いうことも大切なことではないでしょうか。
(情報が氾濫し、真贋の見極めは大変ですが)


ところで、この講座3回シリーズのもので
昨日が最終回のものでした。

3回通して、司会・進行役の方がいらっしゃいましたが、
的確なコメント、まとめ方とても勉強になりました。

シリーズお疲れ様でした。

(この方の講座を聴きたいと思ったのは私だけではないでしょう?)


posted by 経営者一年生 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強になります | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。