2005年01月30日

外部研修で心がけていること その1

昨日の外部研修の感想を書き込む前に

(多分、今日の夜、ゆっくりと書き込むと思います。)

心がけていることを書き込みます。

それは、

質疑応答の時間があった場合

テーマに沿っった内容で、会場の雰囲気を
壊すことがないような質問をしてみる。

ということです。

いわゆる『講演者』や『司会・進行役』の経験が
ある方なら、理解していただけると思います。

私も、平成15年度に、講演依頼があり、大勢の
初対面の方を前に話す機会を与えていただけて
20分くらいでしたが、貴重な体験が出来ました。

その時は、時間も押していたので、質疑応答の
時間はなかったのですが、

ふと、

「みなさんはどう感じているのだろう。」

と不安な気持ちになりました。

なんらかのリアクションが確認できたなら
よかったのですが、当日は結構緊張し、
心身の状態もよくなかったのです。

そんなことがあって以来、以前にも増して
研修に参加し、会場で質問を求められたら、
その場の空気を読み、大きな声で質問する
ようになりました。

ちなみに、私が依頼されたセミナーは毎年あるようで
今年度も12月に開催され、私が講演した枠には
体験者のコーナーがちゃんと残っていました。

私は思わず

「企画が残っていてよかった。」

と、一年ぶりに肩の荷が降りた気持ちになりました。


posted by 経営者一年生 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の経験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。