2005年03月18日

合資会社という法人の事業です

連絡事務所を自宅にしていることが大きな要因ですが、

わけのわからないDMや電話、直接訪問で、家族が疲れています。

今一度、お知らせしておきますが、

私は、これまでの経験を踏まえて
介護保険法に基づく
いわゆるデイサービスの設置運営主体と
なるべく合資会社という法人を設立しました。

施設そのものの運営は、一通り経験しているので
むしろ、法人としての経営スキルを磨くべく
創業塾からスタートし、いろいろな外部研修に
参加し、自ら動き、ネットワークを広げてきました。
そのため、通常の業務以上に外出しています。

その中で地域貢献型事業という言葉に出会い、
担い手講座に参加し、研鑚を積み、目指す方向性の
重要な要素にもなりました。

合資という極めて個人商店に近いようなものであっても
法人という別人格が事業を運営します。

所有する敷地内での新築工事が伴いますが、
私個人、家族の所有物ではなく、会社のものです。

そもそも家族は従業員ですらありません。
普通に暮らしています。

事業に対しての窓口は会社の代表としての私です。

家族に対し、電話や直接訪問されることは、営業経験のある
私にも気持ちはわかりますが、実際されるととても困ります。

メールや何かで

「留守中お邪魔しました。」
「用件は○○です。」

といって事後報告をもらえるならまだましなのですが…。
(ビジネスマナーとして当然だと思うのですが)

一番困るのは、伝言ゲームみたいに不確かな情報で
物事が進んでいくことです。

根本的に経営者として未熟者とされているからだとも思いますが

あえて言いたいです。

「もし、あなたの家族がそんな目に会ったらどうしますか?」

「仕事でも、担当者であるあなたの知らないところで、頭ごなし
で物事が進められたらどうしますか?」

くどいようですが、私以外の社員は現在いません。
家族は社員ではありません。

共働きの(私は収入がありませんが…)私達は、
育児や家事の多くの部分を私の両親に協力して
もらっているのが現状です。

毎日休む間もないくらいに過ごしていますが
加齢に伴う衰えもあり、それだけで疲れています。

いろいろなセミナーで事業の挫折パターンの内

事業そのものではなく、うわさや不確かな情報による
家族の心変わりというものが結構ありました。

起業家にとって精神的・経済的な支えの家族の心変わりは
致命的だとその時々も感じましたし、実際法人の活動を半年
以上続けているとありがたみも痛感しています。

いままでも、家族のケアについては充分配慮してきたつもりですが
事業や会社が知られてくればくるほど量に対して後手にまわります。

ある講師の方の

「会社を作ったり、事業をスタートすることは、誰でも出来ます。
 その後の安定した経営とたゆまない創意工夫で存続していくことが
 経営者の本分です。」

という言葉を忘れず、今何をきちんと整えていかなければならないか
冷静に判断しなければならないと思っています。


posted by 経営者一年生 at 04:50| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。