2005年03月26日

下の記事の表現に誤りが…。(お詫びと訂正)

下の記事の中に


「できる限りの情報開示」

「できる限りの公平・公正な情報発信」

と書きました。

「できる限りの情報開示」は

自分の事は、いいとしても、守秘義務の遵守や個人が特定できない
ような表現方法に配慮しているということを伝えようとしました。

問題は

「できる限りの公平・公正な情報発信」について、
誤解をあたえそうな表現になっていないか気づきました。

つまり、

私見ではない、情報そのものには、できる限りではなく
常時、公平・公正さが求められていると考えます。

コミュニケーションは

送り手側よりも受け手側に決定権があると思っています。

CMをみていて

妙な誤解を与えないよう様々な配慮をしていきたいと思いました。


posted by 経営者一年生 at 21:46| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。