2005年04月16日

『おてんとうさまがみている』

親から、そして親の親からしつけの一つとして学んだ
最初のことだと考えています。

私の根本的な部分です。

このブログでも、しつこいくらい登場している言葉でもあります。

その時々での判断基準になっていて、

「自分勝手すぎないか」

「社会通念上どうなのか」

「そんな道理は許されるのか」

などなど、いわば、自分なりの

『概念上の第三者評価』

『コンプライアンスや適正な情報開示』

のようになっています。

偉そうに書いていますが、

「えー、とてもそんな風には思えない。」

と思われる方々も当然いらっしゃることでしょう。

コミュニケーションは受け手に決定権があります。


ですが、

「根本的な部分はなんですか?」

と訊かれたら、こう答えています。


posted by 経営者一年生 at 09:35| 富山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。