2007年03月08日

少林寺拳法の聖句

己れこそ己れの寄るべ、己れを措きて誰によるべぞ、
良く整えし己れこそ、まこと得がたき寄るべなり。

自ら悪をなさば自らが汚れ、自ら悪をなさざれば自らが浄し、
浄きも浄からざるも自らのことなり、他者に依て浄むることを得ず。

高校生の時に習っていた少林寺拳法の聖句とよばれる言葉です。

意味等はネット検索や少林寺拳法に関する本をお読みください。

ちなみに当時の会員証によると私は395期生とのことがわかりました。


posted by 経営者一年生 at 09:18| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。