2005年05月11日

電子メールの有効性その2

電子メールの有効性について
昔の記事にありますが、

それは、ログがきちんと残ること・管理者の存在です。

つまり、会社など公的な部分でのやり取りで、

『親しき仲にも礼儀あり』が実現できると思います。

私自身きちんとできているかどうかは修行中ですが

なれなれしくなく、
内容を簡潔にして
仮に担当者以外でもその部署の方、誰もがみてもいいような
わかりやすい文体での表現方法を心がけています。

言った。言わなかった。の問題も、日時など記録が残っています。

一人で準備していますので、思わぬ思い込み・暴走に陥ることも
可能性として皆無ではありません。(むしろ多いと思います。)
自分からトラブルを起こすことは避けたいことの一つでもあります。

いわゆるブロードバンドの普及が6割を超えたそうです。

大きな事件に隠れて目立ちませんが、データー流失の事件もいろいろあります。

企業においても、電子メールを活用して
担当者宛てに直接、ほう・れん・そう できる環境が整って
きていることは、多くの方々が実感していることと思います。

電子メールのマナーもいろいろあります。

時代とともに進化・発展しているそうです。

迷惑メールのトラブルも増えているそうです。

個人情報保護法も施行されています。

電子メールはもちろん、絶対的なものではありません。

FAXにも、お便りにも、助けてもらった経験は少なくありません。

デジタル好きに思われがちですが、アナログも大事にしていきたいと思います。

でも、自分の書いた字はとても恥ずかしいので、ワープロソフトの普及は
やっぱり、ありがたいと思っています。


posted by 経営者一年生 at 10:33| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。