2005年05月13日

安全神話が崩れそう。ご尽力されている方がんばって!

とあるニュースを聴いて

「とにかく無事でよかったなあ。」と思いつつ

「しばらくは思い出す日々との闘いが始まるのだなあ。」

とも思いました。

いろいろな交通手段で安全神話が崩壊しそうです。

くどいようですが、交通事故に二回遭っている私は
今でも、ふとその時のことを思い出します。

過去はかえることが出来ないので、自然の流れに身を任せていますので
随分と楽になっていますが、事故のニュースは結構ダメージを受けます。

これは、未経験者にはわからない世界の一つだと思います。

大学時代にも、大きな事故のニュースで、かなりへこみました。

「生きているだけで幸せ。」

という乗客のコメントを聴いて、ついもらい泣きしました。

再発防止に尽力されている方々もいらっしゃいます。

あまりにも一方的なバッシングも?と感じています。

冷静な対応も一人一人に求められているような気がします。


posted by 経営者一年生 at 07:45| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。