2005年05月25日

一連の動きの中で

他の記事にあるように、

お礼というか感謝の気持ちを伝えることができたようです。

一連の動きを振り返ると

(あくまでも私の個人的な感想です。物の見方にはいろいろな側面が存在します。
 ご容赦ください。)

予想以上のわかりやすい本をいただき感動しました。(顧客感動の状態?)

何か感謝の気持ちを表すことを考えました。(生涯顧客候補みたいな状態?)

最初のお店では商品の購入チャンスがなかったわけではない(機会の捉え方の問題?)

(ここで、お店の方が、問合せの電話の一つでもしていたら、
 私の感動が生まれたかもしれません。
 ですが、私自身、ごくまれにしか行かないので、
 店主さんとは知り合いでも店員さんとは面識があるかといえば、
 一見さんみたいなものですし…。そこまでされなくても当然だったりします。)

実際の商品購入 (商品構成の差別化?ニーズに合った商品配置?)

物流システムの理解 (新たなインフラの確立?ビジネスパートナーへの発展?)

なによりも、お礼と感謝を迅速にでき、相手に喜んでもらえたようでうれしかったです。

うれしいこと、たのしいことは大好きです。(ドリカムではありませんが…。)

私の気持ちもすがすがしいです。

そして、このブログにも、新鮮なうちに記事投稿できました。

これぞ、まさしく『三方よしの近江商人の教え』の実践なのか?
と早起きしすぎて、ナチュラル・ハイで書いたので、読み返すことは
あえてしないで置こうと思っている水曜日の朝でした。

早寝しているので、睡眠時間は確保しています。(念のため)


posted by 経営者一年生 at 04:31| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強になります | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。