2007年05月28日

まかぬ種は生えぬ

という言葉がありますが

私にとって例えば

あるお師匠様はブログにて

あるお師匠様は新聞記事にて

あるお師匠様はメルマガにて  等々

いろいろなところで教わることのできた言葉です。

種のままのもの

芽がでたもの

すくすく育っているもの

残念ながらトホホなもの

いろいろなものがあったりしますが
根本的には種をまいてみないことには何もわからないことが多いと思います。

突然変異みたいに思わぬ善い方向にいくものもあったりしますが
それは、ほとんどが周りの環境のおかげさまのことが多いので
謙虚な姿勢が大切だということを肝に銘じておかないといけません。


posted by 経営者一年生 at 19:00| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ことわざ・故事成語etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全くそのとおりですね。
肝に銘じて私も頑張って行こうと思います。
Posted by kubokawa at 2007年05月29日 20:45
kubokawaさん コメントありがとうございます。

「おかげさまです。」という言葉が

いかにもマニュアル化されたものではなく
ごく自然と出るようになれるといいなあと
思っています。

『まかぬ種は生えぬ』という言葉は

地域貢献型事業(コミュニティ・ビジネス)においても
大切な言葉だと思いますので
機会を見つけて別のカテゴリでも
記事にしてみたいとも考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 経営者一年生 at 2007年05月30日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。