2007年05月31日

待てば海路の日和あリ

という言葉がありますが

忍耐強く待っていますと時としてラッキーなことがあると思っています。

用法が正しくないかもしれませんが
家族が体調を崩し通院したり自宅で看病していたりして
一定期間、仕事ができなくなってしまったとしても
この言葉を心の中で言ってみると落着くことがあります。


posted by 経営者一年生 at 05:43| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ・故事成語etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

勇気を出そう
Excerpt: 「天の将に退任をこの人に降さんとするや、必ず先ずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしめ、その体膚を飢えしめ、...
Weblog: 成功事例の宝石箱
Tracked: 2007-05-31 16:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。