2007年06月13日

三方よしの原典を書いたとされている 『中村治兵衛』

起業する際、経営者という、ある意味未知の世界への挑戦でしたので
モデルといいましょうか、心のよりどころみたいにした人物が
何人かいます。

『中村治兵衛』

もその中の一人です。

「売り手よし、買い手よし、世間よし」のいわゆる「三方よし」は
近江商人の家訓のように有名な言葉だと思いますが
地域貢献型事業(コミュニティビジネス)を学んでいる人なら
おそらくすんなり理解できるのではないかと思います。

ちなみに、外部研修等で

「近江商人のDNAを受け継いでいます。」と自己紹介をされた方々の
お話をお聴きしたことがありますが「三方よし」を実現していらっしゃったので
さすがだと感じることがありました。


posted by 経営者一年生 at 12:00| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロールモデル!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。