2005年06月22日

エレベーターにて

なるべく、階段を利用するようにしていますが、

上の階まで上った時、
汗をかいたりして、暑苦しい印象を与えてしまったり
息を切らしてドキドキしすぎることは、健康上?だと思います。

そんな時はエレベーターを使うことがあります。

いわゆるビジネスマナーにおいては、

乗り降りのマナーなどがありますが、自分のものにしていないので
結構いい加減にしていて、不安になることがあります。

ボタンに近い方がいいのか?

リュックを背負っているのでうしろにいた方が無難か?

女性に不安感を与えないように前にいた方がいいのか?

こんなに悩むなら、階段を素直に使えばよかったのか?

いろいろなことを考えながら利用していたりもします。

混んでいるエレベーター内で、何気ない顔でジュースを飲んでいる
若い社員さんと遭遇した時(名札もばっちりだったりしますが…。)

『人のふりみて我がふり直せ』

といわれているようで、

「いまさら訊けないマナー教室」

みたいなものはないか?

ふと、そんな想いもめぐりました。


posted by 経営者一年生 at 15:49| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。