2005年07月15日

メールの署名

メールでやり取りしている方々しか、
わからない話題で、すみません。

いわゆるメールの署名ですが

ちょっと前からの最新バージョンには
携帯電話の連絡先をあえて書いてありません。

それには、わけがあります。

子供と一緒に添い寝する時、バイブ機能もOFFにするため、
電話がかかってきても、わからないから

子供と一緒にお風呂に入り、思わぬ長風呂になり、
電話に出ることが、できないから

『ドライブモード』の設定を忘れて、運転中に電話がなり、
すぐには、とめる場所がなくて、あせってしまうから

家族の通院等で、電源そのものをOFFにすることがあるから

一時的に、どこかに行ってしまい、みつからなくなるなるから

(子供が悪いのではありません。手の届くところにおいてしまう
 私が悪いのです。)

言い訳がましいのは、自分でも嫌なのですが

つまり、

『電話がかかってきても、すぐに対処できないこともあるから』

です。

すぐに、折り返してみたら、単純な間違い電話だったということもありました。

いわゆる『着歴』をみて、

(着歴の見方も最近教えてもらいましたけれど…。)

「最近、自宅の電話などを装って、
 かけ直したらトラブルに巻き込まれたというニュースも
 あったそうだ、かけなおそうか、どうしようか」

と妙に考えすぎて

「また、かかってくるかも」

と身勝手な結論付けで済ましてしまうことも実際あります。

関係者の方々、ご迷惑をおかけして、誠にすみません。

世の中には親切な方もいらっしゃいまして、
今回、携帯に電話してくださった後、メールをくださった方がいらっしゃいました。

ありがとうございました。

その方に感謝するのは当然のことですが、
今後増えるかもしれない問い合わせにどう対処していくのか?

『天が与えた課題』として

自分勝手ではない、きちんとした仕組みを考えたいです。


posted by 経営者一年生 at 11:33| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。