2005年07月26日

法人格を取得して、デイサービス施設を準備中の人

平成16年7月から8月にかけて

これからの介護サービス業において、

近江商人の言葉ではありませんが

『売り手よし・買い手よし・世間よし』

つまり

『働き手よし・利用される方よし・地域よし』

を納得するまでやってみようと考えた時

独立して、自分自身で設置・運営主体として法人格を取得して
やってみた方がいいのではないかと思いました。

ですから、所属していた会社にもきちんとお話して、
独立を認めていただき、相談窓口も紹介してもらい、スタートしました。

現行法では法人格は必須なので、

当時、一番簡単そうで、自分の生き方にあいそうな

「合資会社」という形態を選択しました。

また、介護サービス業は、いわゆる許認可事業なので、自由参入可とはいえ
行政の担当窓口にまずは相談しないといけません。

法人格取得と行政の担当窓口への思い立ったらすぐの相談は、とても重要です。

この部分をまずきちんとしないことには始まらないと思います。

(ですから、こんな私でも相談者はいたりしますので、相談を受けた場合は必ず

「計画している場所の行政担当窓口にまずは行った方がいいですよ。」

と最初に言っています。)

おかげさまで、当時は、基準を満たせば作ってもよいとの返事でしたので、
今振り返ってみても、私はラッキーだったと思います。

見方によっては、まだ準備中なの?と思われますが、

私なんかの準備より、さらに、たいへんなご苦労をされている方々も知っていますので
やっぱり私はラッキーだと思っています。


posted by 経営者一年生 at 03:24| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者一年生とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。