2008年02月21日

展示品 (株)サイト Web3D技術を用いたバーチャル施設

北陸地域クラスターフォーラム2008にて紹介する
展示品についてお知らせいたします。

Web3D技術を用いたバーチャル施設の紹介

株式会社サイトさんが

web3D技術を用いてインターネット上にバーチャル施設をつくってくださいました。

PowerSketch/Viewer バージョンはこの下にありますURL
http://www.sight-pers.jp/garally2.html#web3d

■施設 開設準備中デイサービスセンターをクリックし、ご参照ください。


「xvl」プラグインバージョンはこの下にありますURL
http://www.digipa-box.jp/museum/kentiku.html

【開設準備中デイサービスセンター】Web3Dをクリックし、ご参照ください。


Flashバージョンはこの下にありますURL
http://www.digipa-box.jp/museum/kentiku.html

開設準備中デイサービスセンター】外観Flashをクリックし、ご参照ください。

※それぞれのバージョンをご覧いただくには
 それぞれ専用のプラグインと呼ばれるもの(無料)が必要となります。
 詳しいことはリンク先の注意事項等をお読みください。


株式会社サイトさんのご協力により今回展示することができます。

ありがとうございます。

株式会社サイト HP
http://www.sight-inc.co.jp/

なお、株式会社サイトさんは
同時開催されます、第3回とやまベンチャーマッチングフェアにて

地域情報持ち寄り情報館「街can」システムを発表されます。

北陸地域クラスターフォーラム2008 HP
http://www.hiac.or.jp/mono/forum2008/

同時開催

第3回とやまベンチャーマッチングフェア HP
http://www.tonio.or.jp/match/


posted by 経営者一年生 at 06:26| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸地域クラスターフォーラム2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。