2008年03月01日

「これがバーチャル施設ですか!」「ウオークスルー機能面白いです。」

北陸地域クラスターフォーラム2008に出展しました。

今回の展示の目的のひとつに

開設準備中の施設ではありますが
Web3D技術を用いたバーチャル施設を使い
どんな施設を建設するのかを紹介してみる

ということを目指してみました。

記事タイトルにありますような、お声をかけてくださることは
この目的を少しでも達成できたのではないかと思います。

また、インターネットを利用していますので
24時間いつでも施設見学できることは
施設の情報開示にも役立つということを実感いたしました。

過去記事にもありますが
今回心強く、ありがたかったことに
このWeb3D技術を用いたバーチャル施設を作成してくださった
株式会社サイトさんが、同時開催されました

『第3回とやまベンチャーマッチングフェア』で

プレゼンおよび出展されていましたので

「Web3Dにご興味がおありでしたら、あちら2番ブースへどうぞ。」

と来場された方々に薦めることができ、連携といいましょうか
同時開催のメリットも発揮できたのではないかと思っています。


Web3D技術を用いたバーチャル施設提案 お問い合わせ先

株式会社サイト HP
http://www.sight-inc.co.jp/

弊社開設準備中のバーチャル施設のURLは下記をご参照ください。

PowerSketch/Viewer バージョンはこの下にありますURL
http://www.sight-pers.jp/garally2.html#web3d

■施設 開設準備中デイサービスセンターをクリックし、ご参照ください。


「xvl」プラグインバージョンはこの下にありますURL
http://www.digipa-box.jp/museum/kentiku.html

【開設準備中デイサービスセンター】Web3Dをクリックし、ご参照ください。


Flashバージョンはこの下にありますURL
http://www.digipa-box.jp/museum/kentiku.html

開設準備中デイサービスセンター】外観Flashをクリックし、ご参照ください。

※それぞれのバージョンをご覧いただくには
 それぞれ専用のプラグインと呼ばれるもの(無料)が必要となります。
 詳しいことはリンク先の注意事項等をお読みください。


北陸地域クラスターフォーラム2008 HP
http://www.hiac.or.jp/mono/forum2008/

同時開催

第3回とやまベンチャーマッチングフェア HP
http://www.tonio.or.jp/match/


posted by 経営者一年生 at 16:29| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸地域クラスターフォーラム2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。