2005年09月01日

福祉用具探検隊 隊長さんからの贈り物

このブログで御礼を言わなくてはと思いながら
私の怠惰で遅くなりましたが、

ブログで知り合いになりました

福祉用具探検隊 隊長さんから

手すりのサンプル品をいただきました。

隊長さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/y-create/

隊長さん、御礼が遅くなり、誠に申し訳ございません。

言い訳をさせていただくなら、

@トラックバックのやり方を理解してリンクしてみようと思いましたが、よくわからず、
 なあなあになっていた。(根本的にトラックバックよくわからず)

A今月行なわれる国際福祉用具機器展 H.C.R.2005関連でアピールしようと、
 どのようにしたら一番効果的かを考えすぎてしまった。

などなどあります。

深く反省いたします。どうかご容赦ください。

ちなみに、手すりは、協力業者さんのハウスメーカーさんに

「新築・リフォームにいかがでしょうか?」

と、提案し、サンプル品を渡してあります。

素敵な出逢いが広がっていけば、とてもうれしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。


posted by 経営者一年生 at 05:01| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

一年前の今日 

平成16年8月28日(土)

この日は、私にとって忘れることができない日です。

このブログを昔から読んでいらっしゃる方には
くどいかもしれませんが、

「創業塾一般コース」

 主催 富山県商工会連合会・全国商工会連合会
 後援 北日本新聞社

に参加した日でもあり、

それは、起業家としての道を導いてくださった

『初めてのお師匠様』

に出逢った日でもあります。


8月15日に所属していた民間会社を退職し、
デイサービス施設の設置・運営主体になるためには

「法人格が必要」

ということを知りました。

現場の経験はありますが、事業主の経験がない私は

「早い内に経営を学ばなければ…。」

と思っていながらも具体的な方法も漠然としていて

「経営学科出身の妻に個人レッスンを受けようか。」

と思ってもいました。

母方の祖母の家に遊びに行った時、

偶然目にした新聞記事で、

『創業塾で新たな一歩を踏み出そう』

 短期集中ゼミナール

10講座30時間3000円

(ということは、一時間100円!?)

当時の私は、

『お金はないが、時間はある』

(お金がないのは、今も変わりませんが…。)

状態でしたので、申し込み締切日も近いことから、電話ではなく直接出向いて、

「ぜひ参加させてください。というか参加できないと困ります。」

というようなことを切に訴えた記憶があります。

おかげさまで、定員も若干の空があったので、参加できましたが

この素敵な出逢いがなければ、かなり違った一年後の私が
存在しているのではないかと思っています。

その後、

『秋はセミナーの季節』

ということを知り、様々なことを教えてもらえる幸運に恵まれるのでした。

『初めてのお師匠様』の教えの一つに

「単なるセミナーマニアにならないように」

という教えを守ろうと、できることからすぐに実践して今日に至っておりますが
更なる精進をしていこうと決意を新たにする日曜日の朝でした。
posted by 経営者一年生 at 07:25| 富山 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

情報を発信することから広がるネットワーク

いろいろな方々からブログにコメントをいただくようになりました。

とてもありがたいことです。

メールやFAX、留守電などにメッセージも多くいただくようになりました。

これも、コツコツと情報を発信しているからこそ、
みなさまが関心を持ってくださるのだと思っています。

県の広報誌に私のことを載せていただけた幸運にも感謝いたしております。

今後ともよろしくお願いいたします。
posted by 経営者一年生 at 07:36| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

お隣さん

参加者が限定された条件での外部研修では
目的意識が高い方々が参加されているような気がします。

隣に座ったのも何かの縁ということであいさつをして
名刺交換などしていただけますと

「異業種交流」

というありがたいチャンスに恵まれることがあります。

そんな中
下の記事のコメントにある方もそうですが、事業に関連した方々に
最近、実によいタイミング(偶然の必然!?)で出逢えています。

ありがたいことです。

より一層事業準備に精進していきます。
posted by 経営者一年生 at 20:14| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

何十年前かの今日

ある方が生まれた日です。

お誕生日おめでとうございます。

何年生まれかは、実は知りません。

ですので、

『何十年前かの今日』

となっています。
posted by 経営者一年生 at 06:47| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

2年前の昨日

昨日書こうと思いながらも、書けませんでしたが

2年前の8月16日は愛犬『シロ』が亡くなった日です。

今から9年ほど前ですが

近所のお宮さんに何匹か小犬が捨てられていたようで
その中の一匹が我が家に迷い込んできたことがありました。

当時の家族の中では、父親と妻以外は、犬は苦手でしたが、
生後1ヶ月くらいの真っ白な小犬の表情をみると

『無償の愛』

にめざめるような感覚で、全員一致で家族の一員になりました。

思い出を書くととんでもない量になるので、控えますが
昨日は命日にお参りすることができました。

シロと出逢えていろいろなことを学びました。

ありがとうシロ
posted by 経営者一年生 at 07:23| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

1年前の今日

会社を8月15日付で退職し、行政の担当窓口に行き

「デイサービスを設置・運営するには
 どうすればいいのか最初から教えてください。」

と、自ら行動した最初の日です。

先日、ある方から

『去年の夏からわずか1年、されど1年、よくぞ1年!本当にうれしい限りです。』

という言葉を頂戴しました。

いわゆる独立・起業する前からの私を知っている方で、お師匠様の一人です。

おそらく、この方との出逢いがなければ、今の私はありません。

『天の采配』に感謝しております。
posted by 経営者一年生 at 08:30| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

一年前の今日

平成16年8月11日は、

『まちづくりフォーラム』

が開催された日です。

8月9日にも別会場で開催され、その時も会場に足を運び、
わかりやすいお話でしたので、

「もう一度お聴きすれば、理解も深まりそうで、
 会場からの質問もためになりそう。」

ということで、参加しました。

平成16年7月27日に参加したタウンミーティングで、

「これからは、自分自身が主体性を持ち、住みよいまちづくりに貢献したい。」

という気持ちになりましたが、

このフォーラムでは

『協働』という言葉を初めて教えていただき、

「様々な役割を持つ方々との連携で、地域特性を生かした住みよいまちづくりを実現しよう。」

という気持ちになりました。

そして、その後、所属していた民間企業を退職し、法人設立手続き中

平成16年8月21日に

『一日厚生部』というものに参加しました。

ここでのお話といただいた資料は、

『福祉の分野で仕事をする基礎であり核となる部分』

になりました。

昔から、このブログをごらんの方は、知っているような起業前後の

『動機づけ』

の部分ですが、自分でも過去記事は見ないですし、
一度自分の起業にたいしての基礎部分を記事投稿しようと考えていました。


ちなみに

「出前県庁一日部」は16年度で終了いたしました。

と県のサイトにありましたので、残念な気もいたしますが
その時々の素敵な出逢いに感謝する気持ちを再認識したこともあり
この記事のカテゴリをいろいろ迷いましたが

『素敵な出逢い』として記事投稿いたします。
posted by 経営者一年生 at 06:11| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

[ 『経営者の倫理を学びとる。』

これは、とある取材を受けた際、私のコメントにその方が考えてくださった

『見出しタイトル』です。

自分でも気づかないくらいのプレッシャーから開放された後の取材でしたので
実は何をお話したのかわからないくらいだったのですが、この見出しタイトルを
拝見した時、

「さすがスペシャリストさんだ!うまく表現してもらえた!」

と思い、その下にある私のコメントも、日頃から思っていたことが、まとまっていました。

ちなみに、同様に取材を受けた方のコメントを拝見しても、きちんとまとめてありました。

その方のコメントを拝見した時、

「当日は私がだらだらとしゃべり過ぎてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
 ですが、これでなんとか自分の中では救われたような気がします。」

と心の中でつぶやいていました。

再会した時に、この取材の反響を聞いてみたいと思っていますが、

まずはこの取材の企画をされた方々に感謝し、

直接応対してくださったカメラマンさん、インタビュアーさんに

「当日はお世話になりました。ありがとうございました。

 驕ることなく自分の道を精進していきます。」

とこの場を借りて一言いいたい月曜日の朝です。
posted by 経営者一年生 at 06:44| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「にっこり笑って!」

私は、ビデオカメラやデジカメで撮影することが好きで

「撮る側」の立場には慣れていますが、

「撮られる側」の立場には全く慣れていません。

ですから、例えば

「にっこり笑って!」

と言うことには慣れていたとしても、自分がそれをできるかと言えば

『歯並びにコンプレックスあり』

なので、歯をみせて笑うことには、普通の生活でも苦手です。


しかしながら、そんな私の不安を吹き飛ばすスペシャリストに出逢えました。

「こんなことになるのなら、事前に歯医者さんとフェイスエステに行っておけば…。」

ということは別問題として、

(突然の機会でしたし、別のことで床屋さんだけは行っていたことが救いでした。)


その方の様々なテクニックを拝見しつつ

「そのテクニック『撮る側の時』いただきます。」

と心の中でつぶやいていました。

素敵な出逢いになりました。ありがとうございました。
posted by 経営者一年生 at 06:17| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

幸運の女神様が微笑む時

事業準備をコツコツとしておりますと、
そのことが評価されているのか、されていないとかは別にして

「ご褒美をあげましょう」

と、幸運の女神様が微笑んでくださる場合があります。

数学が苦手なので、その確率はどのくらいなのかわかりませんが

素人考えで、111万(概算)分の2の幸運にめぐりあいました。

この時間、まだ多くの方々が寝ていらっしゃると思いますが

「最初に気づくのは、どなたなのだろう?」

ふと、そんなことを考えてしまう日曜日の早朝です。


ちなみに、私がその幸運にめぐりあえた瞬間何を思ったか?

それは

「床屋さんに行っておいてよかった。」

ということだったりします。

今後とも精進いたします。
posted by 経営者一年生 at 03:18| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

文通相手に逢うような感覚

私は以前、自社サイト、ブログ、ソーシャルネットワークなど、

「バーチャルな世界」

で、お知り合いになった方に何人かお逢いしたことがあります。

「これって一種の出逢い系ですかね。」

とお互い笑っていましたが、

年代的に、

「コツコツと関係を築きあげた上での文通相手にお逢いするような感覚」

と思っています。

これから、ますます、バーチャルからリアルでお逢いする方々が増えそうですが
がっかりさせないよう、日々精進していきたいと思います。

今の大学生が少しうらやましいなあとソーシャルネットワークに参加して
つくづく思いました。

大学時代に戻りたいなあと思う今日この頃でもあります。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
posted by 経営者一年生 at 20:09| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

ソーシャルネットワークに期待大

ソーシャルネットワークについては以前記事投稿
しましたが

一つはプライベートや趣味を楽しむネットワーク構築

一つは仕事関係での様々な実践とネットワーク構築

の一つの手段として、慣れないままチャレンジしています。

いつもは寝ている時間ですが、目が覚めてから、
ものすごく密度の濃い時間となりました。

おかげさまで、丁度、エネルギーが切れてきましたので、
一度寝て、充電してから、いろいろと対応してみたいと思います。

リアルタイムでメッセージをくださった方々
ありがとうございました。

おやすみなさい。
posted by 経営者一年生 at 02:40| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

わかったつもりは危ないので…

何度も訊くようにしています。

おかげさまで、素直に訊きますと
丁寧に教えてくださる方々ばかりなので
大変ありがたいです。

自分の特性として、

『3回くらい訊いて、やっと理解できそうかな』

と自分自身、納得している部分があります。


以前聴いたはずの事を訊く事ができるチャンスに恵まれました。

「わからないことは訊いた方がスッキリする」

当たり前のことかもしれませんが、スッキリできました。

丁寧に教えてくださった方にも感謝いたしますが

チャンスを与えてくださった方にも、

「ありがとうございました。」

と感謝するのでした。
posted by 経営者一年生 at 03:35| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

『ドラマのような再会』

ここ最近、複数の方々と、

『ドラマのような再会』をしています。

リアルな再会、バーチャルな再会、様々です。

本当にびっくりする再会ばかりです。

事業準備も楽しいですが、こういった劇的な

『出逢い・再会』も楽しいですね。


posted by 経営者一年生 at 21:23| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

「あ、あなた様は!!」

最近、特にあることですが、いろいろな会場で、

「お顔は拝見していました。」

「やっとお逢い出来ました。」

「ゆっくりお話できますね。」

などなど、言ったり、言われたりしています。

メールやブログでしか、やり取りのない方とお逢いする機会も増えてきました。

初めて、電話でお話し、はじめましてという感覚ではない感覚も体験しました。

『偶然の必然』のように出逢うべくして、出逢ったという感じがしてなりません。

この不思議な縁を今後とも大切にしていきたいと思います。

おそらく、今後も

「あ、あなた様は!!」

と言うことが多くなると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 経営者一年生 at 00:57| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

教えを受けた『師匠』がテレビに!

昨年度の8月から、思いっきり外部研修に参加して
修行している私にとっては、教えを受けた講師の方々を
『師匠』と呼んでいます。

その師匠のお一人が、テレビに出演されていました。

「お師匠様だ!」

と何気なく言いましたら、わが子が

「パパ、シュリケンジャーみたい。」

と言いました。

「シュリケンジャーは御前様だよ。」

というツッコミはさておき、私はある言葉に対しての誤解や偏見を
この師匠から正しい知識を得ることにより、解消できました。

外部研修当日は、質問はできましたが、お忙しい方でしたので、
すぐに次のところへ行かれたため、名刺交換はできませんでした。

番組の感想をメールしてみたいと思います。
posted by 経営者一年生 at 06:19| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

『ネットショップ道場とやま』

再会した先生のことを書くといいながら、

『紺ブレの夏バージョン』について
今書かないと、せっかく教えてくださったのに…

という想いが強くなり、下記の記事を書いたのですが、

その途中に、先生からのML第一弾が送信されてきました。

「いざ鎌倉!」の精神ではありませんが、対応一番乗りを目指し
指定されたアドレスへ送信しました。

おそらく、参加者の中で、こんな時間に起きている人はいないと
思っていましたので、おかげさまで、対応一番乗りができたようです。

(我が子の「おしっこ!」に感謝・感謝です)

先生のことは、ちょっとじっくり書くことにしましたので、
この記事にはカテゴリを

『素敵な出逢い』

としたこともあり、

参加された方々の熱心さについての感想を書きたいと思いました。

当たり前ですが、みなさん真剣です。

会場内では先生に積極的に質問される方、

お隣同士でビジネスのお話をされている方々

販路拡大というビジネスチャンスに気合充分です。

この雰囲気はかつての営業マン時代を思い起こさせるには充分すぎます。
(営業マンとはいえ、環境の変化にとまどった落ちこぼれではありましたが…。)

8月までつづく全6回の長丁場となります。

連続物のよさは、達成感もありますが、
同じ時間を共有できた結果、人と人とのつながる機会に恵まれることです。

ビジネス面でもそうですが、趣味の世界や、いろいろな面での交流

経営者としても人生においても大先輩の方々が参加されていますので、
これからの道標としての勉強にも大いに刺激を受けそうです。

そもそも参加申し込みが間に合ったこと自体に感謝していますが

日時も微妙にスケジュールの隙間を縫うように設定されているような
こともあり、もしかしてこれは

『偶然の必然!?』

と思ってしまいたいくらいです。

私にとっては第1回目で、元が取れたのではないかという
有意義な時間となりました。
(極めて効果的な知らなかったことが、たくさんありました。)

先生や参加者のみなさん、そして事務担当の方

全6回を通じて素敵な出逢いの輪がどんどん広がるよう

たとえ、厳しくともつらくはなく、笑い声のある楽しい道場になれば
いいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみに時々咳き込んでしまってすみませんでした。

(声もへんてこなうわずったような声をだしたりしてすみません。)

6月になり、花粉症もどきも収まりつつあり、安心してしまい
いつもは携帯しているマスクも持ち込まずにいました。

一応医師からは何らかのアレルギー反応であり、
肺には異常はないとの診断を受けておりますので、

『他人へうつる風邪やその他の病気ではありません。』

どうかご理解、ご容赦ください。
posted by 経営者一年生 at 04:48| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

「こんな漫画はいかが?」

漫画の記事で親近感をもたれたのか、どうかは定かではありませんが

ちょっと前に、とある方から

「この漫画の面白さ

 わかっていただけるような気がします。」

と、とある漫画を紹介してくださいました。

『のだめカンタービレ』

という漫画です。

先日、一巻目だけですが、読む機会がありました。

一言

「漫画喫茶に行って、続きを猛烈に読みたくなりました!!」

この漫画、本屋さんでは、いわゆる女性向けコミックに分類されています。

(少女漫画という言い方は嫌いなのです。
 少年であろうが少女であろうが、誰であろうが漫画は漫画だと思っています。)

その昔『ふたつのうた時計』という漫画を
きょうだいが買っていた『りぼん』で、読んだ時、涙が止まりませんでした。

「こんなふうに素敵なパートナーにめぐりあいたい。」

その後、大学で素敵な女性と出逢いました。

その時、

「あの漫画は中学校が舞台だけど、

 これぞまさしく私にとっての『ふたつのうた時計』」

おかげさまで、その素敵な女性は私の人生における

なくてはならないパートナーとして

この時間、隣の寝室で子供達と寝ています。

話はかなり脱線しました。

定休日の早朝(ちゃんと寝て起きたので深夜というよりも…)
ナチュラルハイなのかもしれません。

素敵な漫画を紹介していただけて、とてもうれしかったです。
続きを読んだら感想をおしらせに会いに行きます。

(どこの漫画喫茶にもあるのでしょうか?)

『ふたつのうた時計』も、もしよろしければ、お読みくださいね。

(中学校時代に気持ちが戻れると思います。)

このブログとプライベートブログが
どちらかといえば、女性の方々に読まれているのか

名刺交換した後にお会いする機会があると、
いろいろなお話をしてくださることが多くなってきました。

コミュニケーションツールの活用などと難しいことはさておき

思ったことを自由に書き込むブログとして、
無理なく、書き綴っていきたいと思います。

今後も、素敵な出逢いができますように
posted by 経営者一年生 at 02:27| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

「ただものじゃない!」と思う方々の一つの共通点

記事に書こうと思いながら、なかなか書けませんでしたが、

創業塾や経営セミナーなどの外部研修に参加したり、
いろいろな部署の方とお話をしたりして、

「この方は、ただものじゃない!」

(失礼にあたる表現かもしれませんが、素直な感想ですので…。)

と思ったら、一つの共通点があります。

それは

いただけた名刺に『中小企業診断士』と表記されていることです。

「もしやあなた様は!?」

と思ったら、『中小企業診断士』である確率が高いと表現すればいいでしょうか?

この方々は、わたしのような一年生でも理解できるような切り口で、
これからの経営者としての方向性を教えてくださいます。

創業塾デビューした時、最初に教えていただけた講師の方もそうでした。

一年生でも、すぐに実践できる方法を教えていただけた方々もそうでした。

ワークショップ等で、ブレインストーミングなどの手法を的確に
こなしている方も、あとから名刺交換をしましたら、

「やはり、あなた様もそうですか!」

ということもありました。

もちろん、その資格を有しない方々でも、

「この方は、ただものじゃない!」

と感じる方々は大勢いらっしゃいます。

(わたしのような一年生からみれば、当然です。)

とある外部研修に参加した時

参加者からの質問タイムで、遠慮がちな雰囲気を感じたので
勇気を出して質問しました。

その研修が終わって席を立とうとしたら

「私はこういう者です。」

といって先に名刺を頂戴したことがあります。

パッと目に入ったのは、『お名前』と『中小企業診断士』の文字でした。

相手から先に名刺を頂戴することは、ほとんどなく、慣れていません。
『常在戦場』とはいいながら、全くの不意をつかれた形でした。
私の相手の方に対する受け答えも、しどろもどろになりました。

パッと目に入ったあと、コンマ何秒の差で、頂戴した名刺から、
その方の所属と役職をきちんと理解した時、
さらに、びっくりし余計にしどろもどろになりました。

この場を借りまして、

「せっかくの機会、受け答えがきちんとできず、誠に申し訳ございません。」

「『常在戦場』のよい経験をさせていただき感謝いたします。」

と一言申し上げます。

これからも、外部研修等で、多くの『中小企業診断士』の方々に
出逢えるかもかもしれませんが、これからの経営者としての道を
学びたいと思います。
posted by 経営者一年生 at 05:50| 富山 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

出逢うべくして出逢ったのかな?

福祉の現場ではいわゆる準職員から職員、主任、管理者など
3つの法人でいろいろな立場を経験できました。

いろいろな出逢いがありました。
当然、別れもありました。

実習生さんの受け入れ担当もしていたので、
どうしているのかなと若くても優秀な方々の
将来を勝手に心配していたりもしました。

経験という名のスキルには両面あります。

正しい知識・技術に基づいたものとそうでないもの

いい悪いの問題ではありません。

利用者の自立支援につながるスキルはそう単純なものではない面が存在します。

しかしながら、若いというだけで時としていわゆるベテランさんと
誤解ややっかみや本意ではないところで、悲しい想いをしている場合も
あります。

今年40歳になる私も、20代30代いろいろな経験をしました。

民間企業から福祉の現場へ

同じ福祉でも違う分野へ

おかげさまで、その時その時で素敵な出逢いがあり
有意義に過ごすことができ、今となっては貴重な体験です。

そんな中、若くて優秀な人財に出逢いました。

偶然の必然に感謝しています。
posted by 経営者一年生 at 06:51| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3人の子育て中の方

私は2児の父親です。

過去記事にあるように、小学校の卒業文集に書いた夢が

「保父になって保育園などにはいれなかった人をたすける」
(原文そのまま)

と書いたくらいなので、子供は好きです。

結婚してしばらくは子供はいませんでした。
(単純に仕事が忙しかったです。)
ですが、おかげさまで子供を授かりました。

子育て支援を法人で積極的に推進するのは
子育てがデメリットとして受け止められることがないように
考えているからです。

また、その実現には何らかの事情で子供を授かれない方々にも
きちんと配慮されているのか?というバランス感覚も
様々な経験をしたので大切に思っています。

そんな中、3人の子育て中の方に出逢いました。

私にとっては、おそらく経験できない世界です。

子育てはデメリットなどとは考えもつかないくらい
明るく楽しそうにお話されます。

この出逢いに感謝したいと思います。

ちなみに他のブログで、4人の子育て中の方とコメントを
やり取りしたりもしています。

また、私の友人にきょうだいが大変多い人がいます。

当時「ウルトラ兄弟よりも多い」といっていました。

今にして思えば、変に茶化していなかったか反省です。

子育ては親育て、自分育てだと思っています。

世界が広がることは間違いありません。

いい悪いではない、素敵な世界だと私は感じています。
posted by 経営者一年生 at 06:26| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

カテゴリを作ってはみたものの

以前、新しいカテゴリ

『素敵な出逢い』

を作って、お礼と感謝の気持ちを伝えようとしました。

作ってはみたものの、

「誰のことを最初に記事にしようか?」

だんだんとプレッシャーになってしまいました。

つまり、お世話になっている方々があまりに多く、
最初というものにとらわれそうな自分に気づいたのです。

この世に生を受けてから?

学校に通うようになってから?

ひとり暮らしを始めた大学時代?

社会人になってから?

起業してから?

それぞれに素敵な出逢いがあったからこそ、
今の私が存在します。

そこで新年度ですし、今年度からの素敵な出逢いについて、
人物に限らず、書籍や格言などいろいろな場面での

「あっ! この出逢いは大切にしたい。」

「これって偶然の必然?」

と思ったら書き込もうと思います。



「ご無沙汰です。社会福祉士合格しました。」

というメールをいただきました。

私は、あなたとの出逢いがなければ、自分の事業の
将来性について、より具体的には考えられませんでした。

この出逢いを大切にしたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
posted by 経営者一年生 at 20:50| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。